長引く咳や痰、胸痛や呼吸苦等の症状がある際には簡便な胸部レントゲン検査が有用です。
胸部以外でも、副鼻腔炎(蓄膿症)の診断に頭部レントゲン、頚部痛や腰背部痛の際の脊椎レントゲン等でも積極的に活用しています。